Loading

お知らせ

  1. 熊本県北部地区にて訪問看護ステーションを開設いたします

    こころとからだ 人と人すべての繋がりを大切に 和をもって真心ある支えをお届けいたします2019年5月1日 訪問看護ステーションつなぐを開設いたします5月1日の開設までは姉妹事業所となります『紫苑の民』で、患者様だけでなく、ご家族もケアするグリーフケアを軸とした緩和ケア・終末期訪問看護事業内容に組み入れ活動いたしております。*訪問看護ステーションつなぐのホームページは現在作成中です。紫苑の民ホームページ https://r.goope.jp/newcanal2018*…

    2019.01.12

  2. 2019 挑戦の年 よろしくお願いいたします

    新春のお慶び申し上げます2018年を振り返ってみると本当にご縁と皆さまに支えて頂いた一年でした厚生労働省補助事業での熊本いのちの電話公開講演会や男女共同参画事業ワークショップでグリーフケアを共に絵本を通して考える時間を皮切りに介護の現場と繋いで頂いている九州サンガグループケアサポート 南の風様の外部参加の勉強会で2回もの講演機会をもらいまた熊本の情報誌『ようこそ!じーばーずcaféへ 』さん、熊本日日新聞さんやスパイスさんに取材を受け掲載していただきました3度目のラジオ出演は、とても温かいドルチェの岡村 仁美 (Hitomi Okamura)さんの番組で4度目は福岡のかわラジいけみんさんでお話しまた学び舎の日本グリーフケア 協会のランチョンセミナーにお呼びいただき東京で活動報告を致しましたまた『看取り』という、これ…

    2019.01.12

  3. 古巣の病院職員様へグリーフケアから見た接遇研修を行ってきました

    古巣の病院で接遇研修として看護師さんだけでなく、病院職員の方々へ〜グリーフケア 〜『プロの先にあるケアをしてみませんか』のお題で講演させていただきました。ケアしている人ほどケアが必要‼️医療の現場で働いたからこそのメッセージをお伝えし、共に考え感じる研修内容。これまでにない接遇研修でを意識して挑戦致しました。(多分、私を起用してくださった委員の方々の方が挑戦半端なかったのではないかと思います)起業して2年こんなに早く、古巣の皆さんへ今の私で恩返しが出来るなんて…驚きと感謝ばかりです!笑いあり涙あり時に賑やかな時間となった1時間病院という場所は、喜びばかりではない場所だからこその接遇があるのではないでしょうか対象となる方々の大半は、様々な悲しみや苦しみを抱えておられます。その心を支えるス…

    2018.11.21

  4. 大阪池田市にあるリハビリ訪問看護ステーションでの講演

    プロの先にあるケアリライトリハビリ訪問看護ステーションの管理者の方より、『人として』向き合うケアをスタッフに感じてもらいたい!予てより終末期ケアのご相談をお受けしていた方からの依頼をいただき、ステーションのスタッフの方々へ、グリーフケアからみた『人として』のケアを、講演を通して体験もしていただきながら90分の時間を若さ溢れるスタッフと共に過ごさせていただきました。平均年齢30代!のスタッフの皆さん。何より嬉しい驚きは、託児所を設けての研修会であったのです。個人のステーションですよ!!初の試みと、代表よりお聞きしました。子育て中のママ世代、そしてパートさんまで参加していただき、自主的に知りたい、学びたい方々の参加。スタートから意気込みを感じました。ケアをする人ほどご自分の支えを見失い踏ん張って頑張っている。だって・・・現場を知っている者しか分か…

    2018.10.31

  5. 10月5日 大阪は池田市へ

    10月5日は大阪府池田市にあります、(株)コンフィール リライトリハビリ訪問看護ステーション様で講義をいたします。それぞれの専門職の皆様へ、プロとして人として、ケア人としての土台をお伝えできればと思います。つなぐでは、どのように向き合い、言葉をかけるのか!という技術や理論などの知識をお伝えする前に必ず知っていてもらいたいことがあります。私たち医療・介護従事者はケア人の前に 人 だということ志高いスタッフの皆様にお会いできること楽しみに、大阪に参ります!!…

    2018.10.01

  6. 埼玉~東京での講義 社会福祉法人翔裕園様

    元気村グループ 社会福祉法人かわぐち翔裕園様、こうのすタンポポ翔裕園様、栗橋翔裕園様、大田翔裕園様4施設で講義をいたしました。介護の現場の皆さんの力になりたい。生活の延長線上に看取りがあるだからこそ、皆さんの土台をしっかりと気付き築いていただきたいアンケート結果からも、また講義後の個人的な質問からも皆様の心に何かしらの贈り物はできたように感じています。私自身においても、介護の皆さんと共に過ごした時間は、これからのつなぐの指標になりましたありがとうございました!これから皆さんの強い支えとなり、介護社会を高めていけるお手伝いができるよう邁進いたします。…

    2018.10.01

  7. 日本グリーフケア協会 ランチョンセミナーで講演

    8月19日 日本グリーフケア協会の1級の講座の中にある、ランチョンセミナーで講演をさせていただきました。(会場は渋谷であったので、少しおのぼりさんをしてきました)グリーフケアの活動を通しての気づき・学び、そして今からの課題と取り組みについてお話をさせていただきました。日本グリーフケア協会は、私自身が死別を通し深い悲しみにあるときに学び救われた場所です。代表の宮林教授自身も多くの死別経験があり、感情を理解していただけるだけでなく、更には日本人の悲しみを研究されエビデンスに基づいた内容による講座が行われています。古巣で講演をさせていただき、改めて整理できた事また、セッションのファシリテーターとして、皆さまと関わり学ばせていただいた時間はとてもこれからの活動の力になりました。ありがとうございました!久しぶりの…

    2018.08.20

  8. 8月15日 田中葬祭星の杜さまの総供養祭で講演.

    田中葬祭 星の杜さまの総供養祭が8月15日に執り行われました。協力いただいております香福寺の清水谷副住職のお経と説法からグリーフケアつなぐの講演を宮崎が担当させて頂き、お越しいただいたご遺族様、一般の皆様、そしてスタッフの方々と共に、亡くなられた方へ思いを馳せ【かなしみ】について感じ、考える時間を過ごさせていただきました。そして今回、日航機墜落事故のご遺族が出された絵本と、その絵本から生まれた歌をご紹介し当たり前だった過去の生活すべてが宝であることを感じ、そして深い悲しみは必ず愛にかわること・・・今を生きることの大切さを、この絵本と北川さんの茜空の歌で〆とさせていただきました。田中葬祭 星の杜様のスタッフの方々へご遺族とつながり続け、何かしらサポートをする姿勢を模索されていたスタッフの皆様の気持ちに、わたくし自身が力を頂けましたこ…

    2018.08.16

  9. ケアサポート南の風(通所介護事業所)さまで講演会をいたします。

    グリーフケア 看取りの一歩 ~万能一心~グリーフケアからみた看取りを紐解いていきたいと思います。看取る側、看取られる側双方の不安は、『知らない』という未知の領域であったりもしますし、思考プロセスからくるものもあります。ひとつでも絡まった不安の糸がほどけるような講演となるよう、参加された皆様との時間を過ごします!…

    2018.08.14

  10. 田中葬祭 星の杜さまの総供養祭でグリーフケアのお話をさせていただきます

    田中葬祭 星の杜 平成30年 総供養&グリーフケア講座!!参加者募集中です2018年8月15日水曜日、本年も初盆をお迎えになられるご家族さま、またご縁のありました方々とともに総供養&グリーフケア講座を執り行います。(ご宗旨は問いません)今回の講師の先生方は、グリーフケア団体「一般社団法人 繋(つなぐ)」の、宮崎 睦美さんと清水谷 勇哲さんです。大切な存在を失ったなど、心の痛みを持つ方にに寄り添い対話を通じて痛みを癒し、立ち直るために必要なケアをし「より自分らしく生きる」ためのお手伝いをされています。大切な人をなくし苦しんでいる方、「いのち」と向き合っている方、どなたでもご参加いただけます。【参加費】 無料 ご来場のみなさまへ 焼き菓子プレゼント!!(会員等の勧誘は一切いたしません…

    2018.08.12

もっと見る
PAGE TOP