Loading

お知らせ

  1. 研修会のご報告

    8月22日 熊本いのちの電話(2時間) 自主勉強会 9月19日 ひまわり在宅クリニック 訪問看護師等研修会(1時間)リレーションケア(関係性へのケア)~グリーフケアの内容をお話しさせていただきました。研修後のメッセージをちょうだいしております。一部ですがご紹介いたします。・横のつながり、とても大切なことだと改めて意識できた・3人でのワークがとても良かった。相談員同士でも、その人が抱えていることを知らなかったりするが、話してもらえて嬉しい気がしたし距離が縮まったように思う。・一本の樹木のワークで、自分の根っこにあるものを再確認できた。・相談員として人を助ける前に自分を大事にしなければと思った。・よそいきの顔で研修ではなく、生身で向き合う研修が良かった。 ほか、私自身が励みになるご意見を沢山いただけたこと、感謝いたします。ありがと…

    2019.09.25

  2. 球磨郡にある施設で、『看取りの心構え』からの研修が始まりました。

    球磨郡あさぎり町にある、社会福祉法人つつじが丘学園様より、これから先、大切な利用者様の看取りをしていくにあたりスタッフの看取りへの不安から取り組まなければ、決して温かな看取りには繋がらないのではないかとの、施設長の思いから弊社のMITORISM~看取り編~の基礎研修のご依頼がありました。研修前に、何度か施設長の死生観や看取りへの思いをお聞きしました。大切なスタッフが、利用者様から託された大事な看取りで疲弊させたくはない!その思いを軸に昨日より研修がスタート。約3時間、みなさん一生懸命に向き合っていただきました!自分事として看取りを捉えていく作業が組み込まれているため、『自分と向き合う時間』は、少しお疲れになったのではないでしょうか。看取りは、医療者であっても、自分自身を含めた、関わる人の心の支えまで向き合っている人は、ごく一握りの時代に私たちは生…

    2019.09.25

  3. 8月25日イベントの報告

    今・ここ・繋ぐ 人として向き合う講演会KKTさんのテレビタミンで取り上げていただきました。雨の中、多くの皆さんに参加いただきました。遠くは東京・長崎・福岡と県外からもお越しいただきました。また、ボランティアとして、イベントの進行がスムーズにいくように,有志ある方々に支えていただき、学び合いのある、あたたかいイベントとなりました。企画をしていただきました、絵本セラピストの瀬井まり子さん、エンジェルの会代表の宮本儀子さん。そしてボランティアの方々、参加していただいた皆様、広報でお世話になった皆様、KKTさん有難うございました。https://www.facebook.com/294621054330324/videos/889523654763446/…

    2019.09.25

  4. 8月25日 イベントの告知

    熊本駅前にある、くまもと森都心プラザにて熊本地震復興応援講演会【命・心】をテーマにしたイベントが開催されます。すでに定員を超え、お問い合わせの連絡が続いているため、若干席数を増やします!との連絡を主催者の方から連絡いただきました。皆さんに教える時間ではなく、共に自分事に置き換え、自分で考える。その先に支え合い寄り添いの方法が見つかるきっかけになればと思います。…

    2019.08.22

  5. 2期目となる決算・申告を致しました。

    第2期となります決算がおわり、申告書も提出いたしました。3期目に入れたのも、応援してくださっている皆様のおかげです。ありがとうございます。…

    2019.06.14

  6. brush up project ARTS&SCIENCE総会に出席

    早川雪子代表のbrush up project ARTS&SCIENCE総会に出席。医療介護福祉で働く人々のためにも自分の出来る事から、好きなこと、やれる事を考え活動するメンバーの皆さんの活動をお聴きし、とても励みになりました。つなぐの活動は、brush up project ARTS&SCIENCEの主メンバーでもあります、水俣在住の西岡看護師が企画された食とのコラボの報告もせていただき、また1年頑張っていきます!…

    2019.06.14

  7. お詫びとご報告

    2019年1月~3月にかけて、繫(つなぐ)の講演に参加いただいた皆様へ生きている時からある『人』(ケア人も含む)としてのケアであるグリーフケア 。そのケア のマインドあるスタッフと、地域の皆さんと『共に』感じ、考え、寄り添い支え合う活動の場を、5/1オープンで準備しているとの告知を致しておりました。しかし諸般の事情により4/1に突然白紙になりました。こちらでのご報告が遅くなりましたこと、深くお詫び申し上げます。青天の霹靂とはこういう事なのか…という経験でありましたが、この経験からの学びを自身の強みに変えて参ります。まだ今の時点では明言しかねますが今度は『自分で』その場を形にしていきます。今回の事で、多くの方々に支えていただき、また温かく見守ってくださったこと、深く感謝申し上げます。ありがとうございました。…

    2019.06.14

  8. 日本ホスピス・緩和ケア研究会九州地区大会 パストラルケアワーカー部会で講演

    5/25 土曜日福岡国際会議場で日本ホスピス緩和ケア協会2019年度九州支部大会  テーマは『ホスピス・緩和ケアのこころ』パストラルケアワーカー部会で、活動報告とつなぐグリーフケア の理念をお話しをさせていただきました。それぞれの職種の部会も開催されているのにも関わらず、臨床宗教師、公認心理師、臨床心理士、医師、薬剤師、そして半数以上を看護師の参加を頂きました。心より感謝致します。また、この場所に導いてくださった方がいらっしゃいます。Kさん!深謝いたします。心のケアや保険外事業…今の日本で成り立つのか…という時代。でもでも、これから必要な事。医療、介護、生活をつなぐ心のケアのパイプ役として、これからも目の前にきた課題に取り組みながら、事業を展開していきます。今回、司会を急遽担当してくださった…

    2019.06.14

  9. 音の想い出 音色で癒す オルゴールとのコラボ

    47年生きてきて、柿の花を意識して見ました。こんなにかわいいお花だったとは。生きている間に知れて良かった!世の中には知らない事が沢山。いつ、どんなタイミングで出逢えるのか今回、アナログの音を大切にしている、オルゴールとの出会いがありました。脳幹に響く安らかな音色。認知症や胎教、教育現場でも癒しの音としてエビデンスが出ているとか・・・・心音セラピーの皆様との出会いもあり、ひとブースをお借りしてグリーフケアのご紹介コーナーで皆様と、そしてオルゴールの音と過ごさせていただきました。心が安らぐ音色・・・・毎日が快眠でした。好きなものに出逢うと、職業柄、つい自身の旅立ちの瞬間をイメージする癖がついています。ベッドサイドに大好きな曲が、このオルゴールから流れる中で逝けたらいいなと思えるお品でした。…

    2019.06.14

  10. 大阪へ ビハーラ勉強会に参加

    医療や福祉の現場でお坊さんがケアに携わる「ビハーラ活動」を元に、生と死について考える任意団体「チームビハーラ」の関西(大阪)勉強会に初参加してきました。チームビハーラは、遺族のグリーフ(悲嘆)ケアなどに取り組む千葉県船橋市の日蓮宗僧侶であり、臨床宗教師の遠山玄秀先生が首都圏で立ち上げたチームです。医療のみ、福祉のみ、仏教のみ、キリスト教のみ一般の方のみ、民間のみ…そんな壁を全て取り払って、人としての命と心の勉強会今回の勉強会のテーマは 「その時までどう生きるか」熊本からは、株式会社ファーマダイワの益永さんの、メディサポライフの活動報告がありました。緩和ケア病棟ナースをしていた時に、結婚式や外出のお供が、人手不足な為に仲間達と頭を悩ませていた頃を振り返り、必要な活動だと感じ聞き入りました。登壇…

    2019.06.14

もっと見る
PAGE TOP