Loading

ブログ

失った大切な人と過去の想い出とつながる時間

空や自然は、私を深い悲しみから救ってくれ

そして沢山の患者さんを癒してくれた

 

 

この写真は朝焼けと雲海、そして阿蘇五岳です。

大切な人を失い、途方に暮れながらも生きていかないといけない・・・

そのバランスをとるために、導かれたひとつ・・・写真

 

深い悲しみのど真ん中にいた当時の私は、熊本の雄大な空と風景を撮り続けていました。

雲海写真ともなれば、早朝にも関わらずギャラリーの数は凄し!

周りは揃って一眼レフカメラが並ぶ中でiPhoneを構えるわたし・・・

 

空を撮るきっかけ

緩和ケア病棟の患者さんたちは、この病室の四角い窓の空だけなんだよな・・・と、ふと思ったの。

ある30代の患者さんとの会話から、『空を見るのが好きなんです。雲っていいですよね。写真集までもってましたよ』

そう笑って話す姿に、それまでに撮っていた雲空写真をお見せしたの。

 

『わぁ~~~もっと見せて!もっと撮ってきて!見たい見たい』

 

その患者さんと私の住まいは、同じ校区内であったため、見慣れた風景と空の写真もお届けしていました。

 

後で気づいたのは、悲しみからの一歩となった写真と自然とのふれ合いが、患者さんの生きるエネルギーとなっていた。

患者さんの喜びは、いつしか私にとっても生きること・悲しみへのケアに繋がっていたってこと。

 

 

最初の写真も、この写真も・・・・今はこの場所から撮ることはできません。

熊本地震で立ち入り禁止区域となっているからです。私にとって大切な宝物

死別の悲しみという経験が見せてくれた風景・景色・・・

 

 

空を眺めている時は 大切な人を感じ繋がる時間

子供の頃から、空には天使がいたり、亡くなった方々が昇っている場所・・・・

そんな話をしたり、空想したことないですか?

 

この光の道は、光芒や天使の梯子(はしご)と言われています。

 

だから、空を眺め故人を偲ぶ方って多いように思うのです。

 

空を見上げる時は大切な失った宝を偲びつながれる時間

 

そんな日ごろの無意識を、昨日のこの空から感じたのでありました。

 

 

 

大切な宝を失って、ひとり空を眺めている あなた

誰かに胸の内を語れていますか

 

ひとりで悲しみを抱えていませんか

 

つなぐ は、そんなあなたのサポーターです

 

一般社団法人 つなぐ ➡ http://tsunagu-ito.com/

心の声を出してみるって、とっても大切ですっきりするひとつの方法

旅立つ人は飛行機の操縦士

関連記事

  1. 残暑お見舞い申し上げます

    2017.08.10
  2. 心の声を出してみるって、とっても大切ですっきりするひとつの方法

    2018.08.11
  3. アンテナは相手に向いている?

    2017.06.04
  4. グリーフ・グリーフケアって

    2017.05.05
  5. 生前からあるグリーフケア ❸

    2017.05.19
  6. 生前からあるグリーフケア~ご家族からのお手紙~

    2017.09.28
PAGE TOP